高萩 パチンコ求人

高萩 パチンコ求人

 一度鷺ノ宮事件から離れ、狩人の仕事としての物語を書き始めたが、その一切は掲載していない

大半が未完であるし、更に言えば現在の物語とはかけ離れている

ハードボイルド的なと言えば良いのか、ともかく銃とナイフを使って諜報員のような仕事をする、という大雑把なもので、今ならば軍がやるようなことをやったりしていたが、お蔵入りになった最大の理由は、そのそも、想定する世界観の中で、そんな仕事があるのかという疑問があり――そして、あのベルたちが、その程度の仕事で活躍するかと疑問視したためだ

 しかし、狩人という括りでは、まだベルの弟子とは決めていなかったが、狩人として刹那小夜の物語は書いていた

といってもやはり、この時点では関係性はほとんどなかったけれど

 本編にはまだ書かれていないが、鷺ノ宮事件において当初、考えていたのは、神鳳(かみとり)雪人(ゆきと)と鷺ノ宮散花(さんか)、久我山桔梗(ききょう)の凪ノ宮(なぎのみや)風華(ふうか)、彼らの物語

 簡単には雪人は散花の護衛として傍につき、散花は残りの命を好きに使うために人の傍を選んだ

桔梗は好き勝手旅をしている母親から離れ、凪ノ宮家の世話になり、風華とは幼馴染

ただ、己の不安定さを自覚し、原初の書を探していた――となる

 ここでようやく、魔術と魔法の設定に乗り出し、書いたのがハジマリの五人、彼らの話だ

あなたも好きかも:スロット 恐怖新聞2
この物語において冒頭の部分にも当たるが、実際には鷺ノ宮事件のひな型とも言うべき、下書きのような物語も並行して書いていたように思う

 魔法師の三名、魔術師のエミリオン、そして名無しの少女

あなたも好きかも:パチンコ さん き りょう らん
 これに関しても随分と書き直したので、最初の頃の面影はあまりない

あなたも好きかも:カジノ ドラクエ5
といっても、人物そのものが変化したというよりも、世界観が固まって現在の本編に順応した、と表現するべきかもしれない

 本編でもあまり語られてはいないが、名無しの少女に関しては、多くの布石を残している

躑躅(つつじ)紅音(あかね)がいろいろと、好き勝手言っているのは、2059年の最後でわかるとは思う

ただ書き始めた当初としては、蒼凰蓮華と似たような人物ではあった

 先を見通すというか、何でも知っている、というか

 ここで補完しておくのならば、二人は見方が同じだったかもしれないけれど、現実の作り方は違った