エヴァ パチスロ 設定判別

エヴァ パチスロ 設定判別

じゃあ、悪はガンディアだな」「そんなこといっていいの?」「あ、いまのはナシで」 ドルカが慌てていうと、エインがにやりとした

「聞きましたよ?」「あ、でたな、悪徳軍師」「だれが悪徳なんですか」 エインは、ドルカの口の悪さに半眼になった

嘆息とともにこちらを見てくる

「ねえ?」「なんで俺に聞くんだよ」「だって、セツナ様なら、俺の苦悩もわかってくれるでしょ?」「……あー、どうかな」 とはいったものの、彼の口ぶりから、エインが苦悩の末に策を練っているということがわかって、少しばかりほっとした

あなたも好きかも:桐生市 パチンコ 閉店
彼もまた人間で、なにかを犠牲にしなければならないような策を練るのは、苦心し、考えぬくものなのだろうと想えたからだ

あなたも好きかも:ブラックジャック treasure
しかも彼はセツナと年の変わらない少年だった

今年、十七歳になるはずだ

あなたも好きかも:カジノ 目的
外見的にはもっと幼く見えるが

特に不満そうに甘えた表情など、駄々をこねる子供そのものだった

「えー、そんなのないですよー」「あっはっは、あたしのセツナがあんたなんかに現を抜かすわけないでしょ」 ミリュウがセツナの首に腕を絡めながら、勝ち誇るようにいった

すると、エインが諦めたような顔をする

めずらしい反応だとおもいきや

「ま、シーラ様に現を抜かしてましたし、仕方ないですね」「なんですってー!」「いやだって、二ヶ月近くもふたりきりだったんですよ

そりゃあ、そうなりますって」「そういえば、そうだわ……!」 愕然と納得するミリュウに対し、セツナは呆れてものもいえなかった

彼の頭の上でドラゴンが身じろぎする

「わしもおったぞ?」「あんたがいようがいまいが関係ないわよ!」「なんでじゃ!」「あんたなんてただのちっさいドラゴンじゃない!」「小さくても頼られたのじゃ! 褒められたのじゃ!」 頭の上で大袈裟に騒ぎ立てる小飛竜と、そんな小飛竜に対抗しようとするミリュウに、セツナは憮然とするほかない

「あたしだって褒められたいわよ! ほめてくれたっていいじゃない!」「結局そこに落ち着くんだ……」 ルウファがミリュウの発言に苦笑を浮かべた