フリーダム スロット

フリーダム スロット

 そこでテンプル騎士団では、そのAH-56シャイアンを正式採用することになった

 前哨基地などに配備し、別の拠点が敵の襲撃を受けた際に出撃させて迅速に迎撃し、味方の増援部隊が到着するまで敵の地上部隊を足止めさせるのである

あなたも好きかも:パチンコ ヤマト 潜伏
そうすれば増援部隊が到着するまでの時間を稼ぐ事ができるし、敵がヘリの攻撃で撃滅できる規模ならばそのまま殲滅させる事ができる

あなたも好きかも:パチンコ 人数
 テンプル騎士団の防衛ラインが、より強固になるのだ

 とはいえこいつはベトナム戦争の際に開発された兵器であるため、現代の兵器から見れば旧式だ

採用する前に仲間たちとどのような近代化改修をするべきか議論した方が良さそうだな

あなたも好きかも:パチンコ イベント情報
 テストのためにテンプル搭上空を何度か旋回し、飛び去っていく3機のAH-56たち

彼らを見送ってから俺は踵を返し、自室へと向かうことにした

 エレベーターに乗り込み、ボタンを押して下へと降りていく

やがてエレベーターがぴたりと止まり、居住区へと到着したことを告げるチャイムが響き渡る

 鉄格子にも似た扉が開き、パイプから蒸気にも似た魔力の残滓が噴き出す

エレベーターから降りた俺は、ケーブルや太い配管が剥き出しになっているタンプル搭の通路の中を進んでいった

 春季攻勢が終わってから、テンプル騎士団はかなり大きな組織になった

救出した奴隷たちは可能な限り故郷へと送り届けるようにしているものの、もう既に故郷が壊滅していくあてのない奴隷たちはタンプル搭の市民として受け入れており、しっかりと人権を与えて働いてもらっている

兵士たちはその保護した奴隷たちの中から志願した者で構成されているのだが、奴隷たちを保護する度に志願兵の数は増えている

 組織が大きくなるのは喜ばしい事だが、それほど奴隷の人数が多いということを意味しているのだ

 組織の規模が大きくなるにつれて、新しい兵士たちも産声をあげつつある

大量に手榴弾を携行した『強襲擲弾兵』の部隊も編成されたし、浸透戦術を敢行するための突撃歩兵たちも編成された