スロット 鉄拳2nd 中古

スロット 鉄拳2nd 中古

「…………? ……いや、そうか

成る程……私は今魔王と似たような体質になっているんだ……それでか……?」  暫し疑問を浮かべたフォンセだが、今のフォンセは魔王の血が目覚めている

 つまり、ライに呪いや魔法・魔術などの類いが効かないのと同じように、フォンセにも全ての異能というモノが効かなくなっているのだ

「……ならば話が早い……私はバロールに勝て……『ウオオオオォォォォォ!!!』……!!」 その刹那、バロールの足がフォンセの眼前までやって来ていた

 バロールも魔眼が効かなかった事に対し一瞬困惑して動かなかった様子だが、効かないと理解して物理的な攻撃に移ったのだろう

(……これは……食らうな……) フォンセは蹴りを受けると理解し、潔くバロールの蹴りを受けた

 フォンセの身体に重い一撃が入り、身体中の骨が軋む

あなたも好きかも:パチンコ 大田市 優良店
「…………ッ!」 その衝撃を受け、フォンセの身体は弾き飛ばされて吹き飛ぶ

 勢いは止まらず、フォンセは数座の山を貫通し、遠方の山に激突して粉塵を巻き上げた

(……ッ……! 痛いな……だが……折れてはいない……!) 山のお陰で勢いが収まったフォンセは、身体の状態を確認して立ち上がる

あなたも好きかも:香川 県 パチンコ 閉店
 所々に鋭い痛みは走ってるが、漆黒の渦を纏う前と比べればダメージが抑えられた

『ウオオオオォォォォォ!!!』 そして、地響きを鳴らしながら駆けて来るバロール

あなたも好きかも:バカラ賭け方
 先程から見ているよう、巨躯の身体に似つかわない機敏な動きである

「……バロールの主砲である魔法・魔術は効かないらしいが……それでも中々に面倒だな……」 その刹那、フォンセはその場から姿を眩ませた

 それと同時にバロールの動きが止まり、フォンセの姿を探すかのようにキョロキョロと辺りを見渡した

「後ろだ……"炎の槍(ファイア・ランス)"!」『…………!?』 次の瞬間、バロールの背中に灼熱の轟炎が突き刺さる

 バロールはそれに気付く

がしかし、その一瞬後にはバロールの身体が燃え上がった

「……山火事が起こりそうだな……いや、もう起こっているか……」 そんな燃え盛るバロールを見たフォンセは呟く