戦国 乙女 2 パチスロ

戦国 乙女 2 パチスロ

″不意打ちでごめんさい

でも、アングレカムばかりが気苦労を背負うと、バルちゃんが心配するからね″心の読める魔女は、アングレカムに関しては普段は遠慮して使わない力を使う

美丈夫ではあるが冷血漢と故郷の村では言われている人が、真面目で、我慢強くて、いつも何気に人に気を使ってばかりいる事

その事は心を読めるトレニアと、アングレカムの事を一目惚れしたというグロリオーサの姪子である、バルサムという幼い少女だけが知っていた

グロリオーサとジュリアンに関しては、本当に腹を割っている仲なのでストレートに言葉を交わしてはいるが、仲間内で誰かが我慢をすればすむという事があれば、アングレカムが我慢をしていた

あなたも好きかも:パチスロ セリフ
そして、その我慢を見越す親友達は″格好つけるな″と、アングレカムの不満が貯まるまえに″バカ″をして、彼を怒らせて不満を口に出させる事で、解消させてしまっていた

あなたも好きかも:ダブジャ スロット 公約
アングレカムにそんな方法でストレスを溜めないように出来るのは、その2人だけで、でもそのお陰で対人関係においては、決起軍参謀のストレスはないに等しい

しかし、不味いというわけではない料理を食べる日々の生活で蓄積されるストレスは、子どもの好き嫌いを散々克服させてきた女性には、心を読まずとも、観察するだけで見破られてしまうという事になってしまっていた

″グロリオーサは胸の内を隠すなんて器用な事ができない事は仕方ないとして、アングレカムもジュリアンも心で考えないように気を使っているのは、私だって判るわよ?″―――心には思わなくても、雰囲気や表情に、出てしまっていたということでしょうか?

今さら繕っても仕方がないので、アングレカムはあっさりと認めて、ついでに自分のしてしまった失敗の原因を尋ねてみた

いつもの生真面目な質問する姿勢に、トレニアはまた優しい笑顔を浮かべた

あなたも好きかも:スロット 打ち止め
″そうね、ジュリアンは見事に澄ましていたけれど、アングレカムはグロリオーサの料理の時には完璧に、ジュリアンの時は好みが合わない時だけね

あと、自分の料理の時に、「私の好みばかりでトレニアは大丈夫でしょうか?」には、笑いをこらえるのに苦労させてもらったわ