パチンコゴッドイーター

パチンコゴッドイーター

「こちらから挨拶に出向いたのも、そういう事情があってのことでな

まあ、身内の恥を片付けに来たわけだ」 そう言って魔帝陛下は、苦笑を浮かべた

あーやっぱり、ヒーロー張るだけのことはあるわこのイケメンめ

くそう、『のはける』の記憶がなければ惚れてたなあ、私

『……』「……

あなたも好きかも:スロット 仮面ライダーblack 天井
動かないな……俺達を探しているのか?」「そうかもね……感覚で行動しているなら粉塵爆発で生じた熱で位置も見失うかも……」 ビルの物陰に隠れ、大輪華樹の様子を窺う

 今の衝撃で俺達を見失っているみたいだが、それは良いとしてこれからどうするかが問題だ

「何の感覚で反応しているのかは分からないけど、どうやら“音”ではないみたいだな

植物に音楽を聞かせると成長が変わるって聞いた事があるから不安だったけど、少なくも会話するくらいなら平気みたいだ」「そうなると触覚、視覚、聴覚、嗅覚、味覚のうち視覚と聴覚は消えるとして、残りで何の感覚だろう……」 この植物、大輪華樹に感覚はある

主に連想するのは五感だが、何覚によって反応しているのかは不明

 消去法で選ぶなら触覚か嗅覚か味覚の三つだが、触覚の線が一番ありそうだな

あなたも好きかも:同人 オンラインゲーム
「やっぱり空気の流れの変化を読み取っていると考えて、触覚が妥当か? 嗅覚も捨てがたいけど、それなら俺達の居場所は分かる筈だからな

匂いで」「そうかもしれないね

じゃ、慎重に、空気の流れに合わせて動いた方が良いのかな」「そうだな

どちらにせよ仕掛けたらバレるんだろうけど、それまではバレないように隙を突くか」 俺とソラヒメの判断では、触覚を基本とした感覚で反応していると考えた

 色々な線を考えた結果、それが一番妥当そうだからだ

「……っ

そうなると、この辺にある根やツタにも触れないようにしなくちゃな……」「そうだね……触った瞬間に気付かれそう……」 俺達は慎重に動く