スロット マイミ

スロット マイミ

 そう考えれば、風音のコテージなどは王侯貴族の所有する建造物ですらあり得ない豪勢な造りをしているとも言えた

(まあ、カザネの造るものだ

今更だな) ジンライは『フッ』と笑うと、夜空を見上げた

(ウチュークウカンとやらで見た星の、あの妙なはっきりとした明るさ……こうしてみれば、一目瞭然だな) ジンライはダンジョン内で見た星空を偽物だろうと考えた

あなたも好きかも:北斗の拳dd パチンコ 期待値
それから、ここまでのことを思い出す

『この一年は長かったな』 ここより南にあるウィンラードの街で弓花を紹介されてから、ツヴァーラ王国へ向かい、ハイヴァーン公国、東の竜の里、浮遊島、リンドー王国、トゥーレ王国にロードゾラン大樹林、魔道大国アモリアそしてこのA級ダンジョン金翅鳥(こんじちょう)神殿と様々な場所を巡ってきた

あなたも好きかも:パチンコ 交換率 東京
 若返り過ぎたことで若干の筋力は落ちたが、キレは増し、魔力量も一般人並みにではあるが増えた

あなたも好きかも:パチンコ やめ ます
何よりもジンライは、以前に比べ、遙かに強くなっていた

(やっと、己の目指していたものが見えた気がする

ライノクスにも一泡吹かせてやれたし……む、ライノクス?) ジンライは、ライノクスの名を思い出し、それから少し難しい顔をした

『そういえばアモリアでダンジョンに参加するとか言っておったな

あ奴』 竜牙衆の騒動を察知したために、竜に縁ある国の長が……ということでその話は一旦中断となっていたのだが、その騒動も収まった今、ライノクスを呼ばない理由はない

ジンライはそのことを完全に忘れていた

(マズいな

あ奴、拗ねておるやもしれん

あれはあれで世間知らずなところがあるからな

ふむ) 自分が忘れていたことなど無視して、ジンライはライノクスの妙に子供っぽいところを思い出しながら呆れ顔となっていた

 それからジンライは、ハイヴァーン公国にいる妻のシンディと息子のジライドのことを考える

『まあ、長距離ポータルが完成したらすぐにでも会いに行けるだろうしな