新宿 スロット マルハン

新宿 スロット マルハン

さあ、降伏するか痛い目見るか、二つに一つです!」「違う……

あなたも好きかも:ドラゴン・オーブ
選択肢は二つに一つじゃない……自分で自分の道を作る、一つに一つ……!」 速度を上げ、一気に加速した

木々の反応が追い付かない程の速度となったリヤンは樹の隙間を巧みに抜け、上下左右とあらゆる方向から迫り行く

「……っ

流石ですね……!」 デメテルも負けじと植物を操り、更なる数の樹を放つ

リヤンは持ち前の動体視力と反射神経でそれらを躱《かわ》し、樹の弾幕を抜けてエマの元に近付いた

あなたも好きかも:スロット キョロキョロ
「今、焼き切ってあげる……!」 魔力を込め、炎を片手に纏う

一気に消滅させるのではなく、エマを捕らえている部分から焼き切れば日晒しになる事無く済むと判断したのだ

 しかし、折角捕らえたエマ

あなたも好きかも:darksouls3 スロット
デメテルはリヤンのそれを許さなかった

「させません!」「……っ!」 近付いた瞬間、高速で通り抜ける樹

先端が鋭利な樹は最早《もはや》ただの槍だった

それによってリヤンは一歩分離され、手に纏った炎も消える

遠方から放てばエマも焼いてしまう為、何とか近距離で事を済ませたいところである

「リヤン

私は気にするな! 捕まったのは私自身の失態だからな

構わず焼き払え! それか、私を助けなくとも良い!」「エマ……」 それはエマの本心だった