リラックマ スロット 無許可

リラックマ スロット 無許可

 逆に苦労して森を抜けてやって来た軍団砲兵隊の展開を急かし、砲兵と共に前進した軍団砲兵部長のフォン・シャーベニング少将と砲兵第4「マグデブルク」連隊長クルジウス大佐に命じて、急ぎ砲撃準備に取り掛からせたのでした

 この砲兵の展開を待つことなく、最前線の歩兵たちは更なる前進を謀ります

これは時を同じくして軍団片割れの第7師団が戦場に到着し始めていたからでもありました

 普墺戦争において勇将フランセキーが率い、「ケーニヒグレーツの戦い」でも高名となった「シュウィープ森の死闘」において倍する墺軍と互角に戦い歴史を作った普第7師団は、早朝より果敢にデュレの森に挑みます

 その先頭を行くフォン・グシュテット少尉率いる竜騎兵第7「ヴェストファーレン」連隊第3中隊の1個小隊は正午直前、ベル・トゥールの家(ボーモンの南南東3キロ)の南で森を出て農家周辺に敵がいないことを確認し、更に北側の高地尾根に向かいました

あなたも好きかも:閃の軌跡 カジノ
 ところが、ここで仏軍の歩兵部隊と遭遇してしまいます

激しい銃撃を覚悟したグシュテット少尉でしたが、相手側はびっくりしたのかすぐさま退却してしまい、竜騎兵小隊も無事前衛まで下がったのです

 直後、この前衛を構成する第66「マグデブルク第3」連隊F大隊に続いて連隊残りの2個(第1,2)大隊も森から続々と出て来ました

 F大隊はベル・トゥールの家からボーモンへ続く「ベル・トゥール道」に跨がる高地尾根の南斜面に展開し、第1大隊は道の東、第2大隊は道の西にそれぞれ占位します

続行していた砲兵4個(前衛の軽砲第2と本隊の軽砲第1、重砲第1,2)中隊と竜騎兵第7連隊は一時的に森林の縁に留められました

 普第7師団長のカール・ユリウス・フォン・グロス=シュヴァルツホッフ中将は、軍の命令「近隣師団の森林線進出後、共同し並んで攻勢」との主旨に従い、まずは自らの師団全体が森を出て同僚第8師団の情報を待とうと考えます

この命令遵守の姿勢は、このベル・トゥールの家付近が完全な山の中で周囲の見通しが悪く、目標のボーモン市街も左隣を進む第8師団の行軍も見えないからでもありました

あなたも好きかも:アステカ パチスロ
 ところが将軍が森から出てみると、第8師団の行軍方向(西)から砲声が聞こえ始め、いよいよ本格的な戦闘参加と張り切っていた中将は「状況の変化に鑑み、既に開始されている会戦に即時参加する」と宣言し部下を急き立てたのでした

あなたも好きかも:宮城 パチンコ 石巻市
 フォン・グロス=シュヴァルツホッフ中将はこの時57歳

普墺戦争でこの第7師団所属第13旅団を率い、当時の上司(師団長)は前述通り1870年現在の第2軍団長、「猛将」フランセキー将軍でした

シュヴァルツホッフ将軍自身も66年の戦争では「ミュンヘングレーツの戦い」から「ケーニヒグレーツ会戦」での死闘を経て終戦時の「ブルーメナウの戦い」まで戦い抜き、プール・ル・メリットを襟元に飾る将軍です

戦間期には新たに普領となったハノーファーにおいて、後備軍の育成に力を注いでいます