サイバー スロット

サイバー スロット

 やはりよろめく足でドアへ向かいながら、私はそう思った

 自分が元気をなくしそうだなとも思いながら……

 布団を並べ、サトミと一緒に寝る私

 別々な寝室を用意すると言ってくれたんだけど、この方が落ち着くので

 それはきっと、サトミもそうだろう

あなたも好きかも:パチンコ トータル イクリプス 朝一 ランプ
「明日からどうするの」 天井を見上げながら尋ねてくるサトミ

 私は掛け布団の上に座り、首を振った

「知らない街だし、特に名所もないって言ってた

ごろごろしてればいいんじゃないの」「あなたはそれで楽しいだろうけど

あなたも好きかも:とある スロット
私も、東京へ行けばよかったかしら」「いいじゃない、たまには何もしなくても

美味しい物食べて、お風呂入ってれば」「温泉旅館に来たんじゃないのよ」 仕方ないといった顔でくすくす笑うサトミ

 大分元気が戻ったようだ

「でも、舞地さんの実家がこんなすごいとは思わなかった」「舞地という名前は、聞いた事があったわ

北関東を中心とした財閥とでもいうのかしら