川崎 パチスロ イベント

川崎 パチスロ イベント

何とか逃げられれば、生き延びられれば、それだけを考え頑張っている

「…………まず自己紹介をしよう

俺は公也・アンデール

この城の城主、この地域一帯の領主、まあつまりは所有者だ

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の けん 新台
君の名前は?」「…………………………ロザリア」「ロザリア

あなたも好きかも:奄美大島 パチンコ店
最初に、俺たちは無意味に君を害するつもりはない

あなたも好きかも:パチスロ 戦国乙2 天井
今ここにいる者も……ロザリアを害しない

それでいいな? 特にヴィラ」「……もちろんですわ」「だそうだ

そういうことで君は安全ではある……ただ、君はここに来た目的があると聞いている

その目的、内容の中に場合によっては俺たちに対して期待する可能性もあるという

それはこちらとしてもいただけない」「しない、しないから! だから……」「落ち着いて

まずその目的、内容に関して詳しく話してほしい

こちらがここから出ていくことはないが、妖精であるからと敵対したり害したりするつもりはこちらにはない

ヴィラと一緒に楽しく話したり過ごせていることからもわかると思うし、ちょっとここで過ごしている間ヴィラに麻痺させられていたようだけど、それ以上のことはなかったように、ここにいる住人には基本的に妖精に敵意はない

だから君の話を聞かせてもらいたい

場合によってはこっちにも手伝えることがあるかもしれない」「……………………」 じとっとロザリアは公也を睨む

確かに妖精だから、と一般的な人間の妖精に対する感覚、感性、価値観とは違う反応をしているのはわかる

しかしヴィローサがいい例であるようにロザリアに対して色々としてきた