アカギ スロット 設置 店

アカギ スロット 設置 店

自分に対して警戒心を抱き、いつでも戦闘態勢に入れるだけの状態を維持している康太に対してここまで余裕があるのは単純に実力があるからか、それとも彼が神父であるからなのか

どちらにしても康太としては目の前の神父から目を離すことはできなかった

確信に近いものはある

だが目の前の神父を見ているとその確信が揺らぐ

あなたも好きかも:オンラインゲーム メタバース
自分の犯行を暴かれそうになっている人間がここまで悠長に構えることができるだろうか?康太がもし相手の立場であれば、怪しい人間は即座に撃退する

ぎりぎりまで粘ったとしても、康太がこうして警戒態勢に入っているというのに何の準備もせずにただ突っ立っているというのは明らかにおかしい

攻撃されないという確信があるのか、単純に負けないと思っているのか

それとも本当に自分には何の非もなく、堂々としているのか

今の康太には判断できない

目の前にいる神父は明らかに異質な存在であるということしか理解できなかった

この事件に門の力を利用できる魔術師がかかわっている可能性は非常に高い

あなたも好きかも:パチスロ デュエルドラゴンプラス
支部に飛ばず、どこか別の場所に作った門に直接飛んでいるのではと考えた

仮にこの神父が犯人でないとして、別の場所の神父、あるいは支部側から門を管理している魔術師の仕業だとも考えた